自分と向き合う

ドクターとファイル

現在医療福祉の現場におきましては、心療におけるカウンセリングが充実してきました。それというのは現代における問題が多い点を、解決して行くためそのような体制が整ってきたのです。今の世の中は社会がたいへん進出してきたことから、一方では環境の中で生活をする人たちの折り合いがよくない傾向になってきたのであります。複雑な人間関係の中でもまれていくうちに、ストレスという形で表面に現れるようになります。そのことから体に影響を与え、様々な不調を訴えたり心身のバランスを乱すようになるのです。心の問題解決に対応していくことをする人たちに、カウンセラーという人たちがいます。その人たちの存在が、今広く求められているのです。

体の調子が思わしくない時には、今の自分の状態を知る必要があります。体の不調は検査をすればわかるのですが、心の問題はそれではわかりません。それには専門家である、心療内科を受診してみることです。そこでもカウンセリングが行われており、悩める人たちの力添えになっているのです。カウンセリングでどのようなことを行っていくかと言いますと、心身の問題をカウンセラーと相談者が一緒になって考えていくということをするのです。カウンセリングを通して見えてくる問題点を、どのように解決して行けばよいのかいろんな角度から探っていきます。問題の解決にあたりカウンセラーは、自分が勉強して学んできた点を参考にしながら良いアドバスを促していくのです。